かすみの音楽Diary

パレストリーナ

c0040208_13414934.jpg
本当に、何週間ぶりの練習でしょうか?
いつも休まず来ている仲間のSopの方がお休み!という事で
私一人・・・。久しぶりに緊張!しました。
やっぱり一人って大変!

でも反面、自分の声がよく聞こえるし、いけないところも
注意してもらえるから、いいのかも・・・。でも
やっぱり、心細いですね!

ところで・・・今日は新しい曲です。
それも懐かしい、「パレストリーナ」の曲
パレストリーナといえば、
中学を卒業し、合唱団を作り
初めて歌った歌がパレストリーナの宗教曲。

今度の曲は「世俗曲」ですが、
バロックの独特の旋律や、メロディ、ハーモニー・・
とっても懐かしいです。

2曲、音取りしました。でも2曲目は1/3くらいしか
音取りしませんでしたが。

先生が、とても納得する事をおっしゃってました。
県内にも、数ある合唱団。
かなり難しい曲を歌っている合唱団もありますが
はたして、その合唱団がきちんとハーモーニーになっているか?
という疑問。
技術的なことにばかり目がいき、
「ハーモニーを作る、きちんとハモル」
という基本的な事が、なっていない合唱団が
沢山あるのではないか?
という事です。(何処とはいいませんが・・ もしかしたら??)
難しいのですよね。
大人数になると、個々の力がなかなか表に出てこない、
音取りも、ハーモニーも大雑把になったり、
難しい、技術的なことに走るのは当然だけれど
いまいち原点に戻って、合唱をする、ハーモニーを作る、という合唱の
基本に戻ると、見えないものが見えてくるようなそんな気がします。

私は、以前いた合唱団に戻らないのは、多分そんな面があるのだと思います。
個々を大切にする、ハーモニーを大切にする、小人数でも
本当にきれいなハーモニーを響かせたい!
今の合唱団の方々も、先生の考え方もきっとそうなのだと思います。
ま~~以前の合唱団に戻っても、技術的についていけませんけれど・・
(>_<;)・・フランス語なんて読めないわぁ~~!!!

という事で・・・講釈はこれくらいにして・・・
今日の練習曲
 ・Da cosi dotta man(うるわし絵すがた)
            Giovanni Pierluigi da Palestrina 曲

 ・Chichilichi-cucurucu(キキリキ・ククルク)
Giovanni Domeniko del Giovane da Nola 曲

写真は関係ないですが・・・春です。\(^▽^)/
            


2004年4月14日(水) No
[PR]
by kasumisou1009 | 2004-04-14 13:26 | コーラス

音楽大好きな私の日記
by kasumisou1009
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のトラックバック

スピードラーニング フラ..
from スピードラーニング フランス語
さだまさしの平和コンサー..
from 時流コラム・ニュース2007
全く新しいクラシック着う..
from au公式クラシック着うた『音..
Caro mio ben..
from sasakimika的リアル。
ルネサンス音楽
from クラシック音楽の探求

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな