かすみの音楽Diary

<   2003年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

クリスマスによせて・・・。

エッセイの方に、クリスマスによせて・・という題名で書きましたが
その第2段??です。少し音楽的な事を・・・。


フランスの作曲家に、フランシス・プーランク(1899~1963)という方がいますが、この方の、「クリスマスのための4つのモテット」という曲が
私にはとても思いで深い曲です。
職場を変え、実家に帰ってきて、初めて入ったというか・・・
立ち上げた合唱団の「思い出の曲」なのです。

まだまだ人数も少なく、各パート一人ずつ等という事もしばしば・・
でもそれはそれでとても楽しかったものです。
プーランクは、私にとってその当時は、斬新な新しい合唱曲でした。
リズムの取り方から、音程、ハーモニーまで、とにかく
今まで経験した事のない、とても新鮮なハーモニーを奏でてくれたのです。

フランスのシャンソンの響きがする、香りがする、斬新なメロディー
宗教曲とは思えない、メロディ、ハーモニー
大好きな作曲家の一人になりました。

初めてこの曲で、コンクールの全国大会にも行かせていただいたし、
初めての演奏会でも歌ったし・・。
思い出深い曲です。
もう一つ、ポール・エリュアールの詩に、プーランクが曲をつけた
「7つのシャンソン」もステキな曲です。

クリスマスついでに、もう一つ・・。
フランク・マルタンの「Mess」
この曲は、各パートが二つに分かれて合唱するのですが。
合唱団が2つに別れてそれぞれが、Sop,Alt,Ten,Basとあり
要するに2重合唱ですね。

この曲の最後の「AGNU DEI」これがとても好きになりました。
その当時友達と、第2コーラスのSopのパートを歌っていたのですが、
四分音符を淡々と歌う、その様子は、イエスキリストが
自ら張り付けになる十字架を背負い、ゴルゴダの丘を登っていくような
そんな風景が浮かぶね!と話した事が思い起こされます。
誰からも見放され、ゴルゴダの丘を重い十字架を背負い、周りの人々から罵声を浴びながらも、自分の運命を受け止めるイエスキリスト
自分が張り付けになり、命がなくなるであろう事も全て受け入れて・・
どんな思いで、ゴルゴダの丘を登って行ったのだろう・・・・イエス様は・・・。

クリスチャンではない私ですが、この曲を歌うと何故だか敬謙な気持ちになりミサ曲っていいな~と感じる一曲なのです。


そうそう・・今日は、合唱団のクリスマスの御食事会。
皆さん、私より年上で、お金もあるおば様達ですので、会費を払うのは
苦痛ではないのだろうけれど・・。若輩者の私は金欠病でもあるので、
懐が痛いところですが・・年に一回のことなので美味しい食事を食べてきます。
イエス様・・金欠病の私に、愛の手を・・・

(クリスチャンにはなれませんね、私は・・!アハ・・)
[PR]
by kasumisou1009 | 2003-12-23 13:49 | 感想

今年最後の練習

12/02 今年最後の練習がありました。
いつもの曲を全体的に通して、今までやってきたことの確認と
もう一度音取り。
やはり何度も練習してきた曲は結構覚えているが
最近音取りをした曲はなかなか音が取れなかったり・・・。(>_<;)

でももう1年半やってきて、かなりレパートリーも増えたし
何より団としての、響きが統一されてきた部分もかなりあるような気がします。
最近はコダーイの曲を何曲かやっていますが、ちょっと変わった
ハーモニーでおもしろいです。

私の好きな曲の好きな歌詞をかいてみました。

    スミレ咲く 若葉燃ゆ あふれる光
    かぐわしく 愛らしく 私の夢よ

    日の光  ふりそそぎ 幸せ運ぶ
    絹の様な 花びらよ  心に映る

    花びらに 菜の上に 光り輝く
    命ある  花もまた やがて消え行く


イタリアのマドリガルなのですが、(要するに民謡?みたいなものかな?)
最後の歌詞が何とも切なく好きです。曲もきれいな曲です。

今月は、後皆でクリスマス会です。
[PR]
by kasumisou1009 | 2003-12-05 13:47 | コーラス

音楽大好きな私の日記
by kasumisou1009
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のトラックバック

スピードラーニング フラ..
from スピードラーニング フランス語
さだまさしの平和コンサー..
from 時流コラム・ニュース2007
全く新しいクラシック着う..
from au公式クラシック着うた『音..
Caro mio ben..
from sasakimika的リアル。
ルネサンス音楽
from クラシック音楽の探求

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな